住みながら不動産を売却するときのメリットと注意点とは?

住みながら不動産を売却するときのメリットと注意点とは?

不動産売却を検討している方のなかには、今の家に住みながら売却したい方もいらっしゃるでしょう。
そもそも、住みながら不動産を売却するメリットはあるのでしょうか。
この記事では、多摩エリアで不動産売却を検討している方へ向けて、住みながら不動産を売るメリットや注意点についてご説明いたします。

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産を売却する方法

不動産は空き家のほうが売れやすいといわれますが、住み替えをおこなう多くの方は住みながら売却活動をしています。
住みながら不動産を売却するためには2つのポイントがあります。
物件の印象を良くする
不動産売却を成功させるためには、内覧時の第一印象を良くすることが大切だといわれています
整理整頓ができておらず、キッチンや浴室などの水回りが汚れていると、部屋全体の印象が悪くなってしまいます。
いつ内覧希望者が来ても対応できるように、日ごろから整理整頓や水回りの掃除を入念におこなっておくと良いでしょう。
内覧数を増やす
購入検討者の多くは複数の不動産を内覧し検討するため、内覧に来たからといって必ず購入するというわけではありません。
そのため、より早く売却するためには内覧数を増やす必要があります。

弊社が選ばれる理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産を売却するメリット

売却金を住み替え費用に使うことができる
手元に多くの自己資金がなくても、売却金を新居の購入費用に充てることができます。
仮住まい費用がかからない
空き家にしてから売却するためには、一時的に仮住まいをしなくてはならないので、そのための引っ越し費用や賃料がかかってしまいます。
しかし、住みながら売却する場合は、売却してから新居へ引っ越すので無駄な費用がかかりません。
購入検討者へ物件の魅力を直接説明できる
住みながら売却をしていると、購入検討者と接する機会があるため、周辺環境や商業施設などの情報を伝えることができます。
また、室内に家具を設置しているので、生活のイメージをしやすいのもメリットといえます。

弊社が選ばれる理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産を売却するときの注意点

いつでも内覧に対応できるようにする
いつ内覧の予約が入るか分からないため、いつでも対応できるように準備しておかなければなりません。
室内のにおいに注意する
室内を掃除し整理整頓しておくのはもちろんですが、意外と気になるのが部屋のにおいです。
住人は慣れてしまい気付かなくても、他人にとっては独特なにおいと感じることがあります。
とくにペットを飼育している場合は、内覧前にしっかりと換気しておきましょう。
新居探しを進めておく必要がある
売却が決まれば引き渡しまでに、新居へ引っ越さなければなりません。
売却が決まってから新居探しを始めると、時間がなく引っ越し先が決まらない可能性があるので注意しましょう。

弊社が選ばれる理由|お客様の声一覧

まとめ

住みながら不動産を売却するには内覧を成功させることがポイントとなります。
しっかり事前準備をして、売却活動をすすめていきましょう。
相模原、多摩エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「KURASHI」にぜひご相談ください。
スピーディーに不動産を売りたい、管理に困っているなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

関連記事

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ