不動産を負動産にしないために!タイミングを逃さず不動産売却を検討しよう

不動産を負動産にしないために!タイミングを逃さず不動産売却を検討しよう

少子高齢化に伴う人口減少による空き家問題を背景に、全国的に負動産が増加しています。
負動産とは、所有しているだけでお金が出ていってしまう不動産のことです。
今回は不動産売却をお考えの方に向けて、「不動産を負動産にしないために」をテーマに、解決方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

負動産とは?不動産売却や活用が難しい物件とは?

負動産とは、所有しているだけでマイナスになってしまう不動産のことです。
相続した実家や山林・農地など、不便な場所にあるものは流通性が乏しく、売却や賃貸が難しいです。
その他にもバブル時代に購入した別荘や、空室が多い賃貸物件なども負動産に該当します。
負動産は所有しているだけで、固定資産税や維持費用などのコストがかかるので、キャッシュフローを圧迫し続けます。
清掃や除草などせずに放置していると、近隣トラブルに発展するリスクがあるので、管理の手間もかかります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で負動産を富動産にすることができる?

負動産に対して富動産とは、利益をもたらす不動産のことです。
負動産を富動産にするためには、所有している不動産を放置せずに戦略を練る必要があります。
不動産売却が可能であれば、資産価値が下がらないうちに手放すのがやはりおすすめです。
空き家として放置していると建物が劣化しやすいうえに、自然災害による倒壊や放火などのリスクがあるためです。
建物が老朽化しているのであれば、更地にして土地を売却する方法もあります。
不動産相続を予定しているのであれば、親が元気なうちに家族で将来の活用方法を話し合っておくことが大切です。
兄弟などの複数の相続人で相続するケースもありますので、分割方法も決めておくと安心ですね。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

負動産にしないための解決方法は?不動産売却以外の方法をご紹介。

不動産を負動産にしないためには、お伝えしたとおり早い段階で不動産売却することをおすすめします。
売却をすれば固定資産税や維持費用がかからないうえに、管理の負担もなくなります。
しかし、資産を手放したくない場合や売却が難しい場合には、他の解決方法が必要です。
一戸建ての場合は、少人数制の介護施設や民泊としての活用方法があります。
田舎の古民家であれば、移住者向けの住宅としての需要が考えられます。
その他にもトランクルームや地域のコミュニティスペースなど、さまざまな活用方法があります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は不動産売却をお考えの方に向けて、「不動産を負動産にしないために」をテーマに、解決方法をご紹介しました。
所有している不動産を負動産ではなく富動産にするには、タイミングを逃さず不動産売却することをおすすめします。
相続をする予定があるのであれば、不動産の活用方法について家族で話し合っておくことも大切ですね。
相模原、多摩エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「KURASHI」にぜひご相談ください。
スピーディーに不動産を売りたい、管理に困っているなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

関連記事

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ