近隣住民に気付かれずに不動産を売却したい!適した売却方法とは

近隣住人に気付かれずに不動産を売却したい!適した売却方法とは

この記事のハイライト
●周りに気付かれないよう不動産を売却したいなら一般媒介契約がおすすめ
●広告を出す必要がない、不動産会社による「買取」という選択肢もある
●売却方法にもよるが、一般的な売却に必要な期間は3か月から半年ほど

「まとまった額の現金が必要になった」「住宅ローンの返済が厳しい」などの理由で不動産を売却する際には、近隣の方に気付かれずに売却を進めたいという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、近隣住民に気付かれずに不動産を売却する方法や、媒介契約の種類などについて解説します。
多摩、相模原エリアで不動産売却を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

近隣に気付かれず不動産売却したい場合に最適な媒介契約とは

近隣に気付かれず不動産売却したい場合に最適な媒介契約とは

不動産を売却する際には、売却を気付かれずに進める場合に限らず、ほとんどの方が不動産会社と「媒介契約」を結ぶことになります。
媒介契約とは、不動産の売却活動や売買手続きなどを不動産会社に委託する契約のことです。
不動産売却の際の媒介契約には3つの種類があり、それぞれ特徴が異なるため、ご自身に適した媒介契約を選択するようにしてください。

1:専属専任媒介契約

専属専任媒介契約を結ぶと、他の不動産会社と同時に媒介契約を結ぶことができません。
また、売主がご自身で購入希望者を見付けたとしても、売買契約を直接締結することができません。
媒介契約の締結後、不動産会社には5営業日以内に「レインズ」に不動産情報を掲載し、1週間に1度以上の販売状況報告が義務付けられています。
3種の媒介契約のなかでもっとも拘束力の強い内容となっているので、短期集中的に不動産売却を進めたい方におすすめの媒介契約です。

2:専任媒介契約

専任媒介契約でも、複数の不動産会社と契約を結ぶことができません。
専属専任媒介契約との大きなちがいは、ご自身で買主を見つけた場合には直接契約が可能という点です。
また、レインズへの不動産情報の掲載は7営業日以内に、販売状況の報告は2週間に1度以上の頻度でおこなわれます。

3:一般媒介契約

複数の不動産会社と同時に媒介契約を結ぶことができます。
ご自身で見つけた買主と直接売買契約を結ぶことも可能です。
ただし一般媒介契約では、レインズへの不動産情報掲載や、販売状況報告をおこなう義務が不動産会社に生じません。
2つの専任媒介契約と比較すると各不動産会社にとっての優先順位が低くなってしまいがちなため、売却までに時間がかかってしまう可能性があります。
気付かれずに売却するなら一般媒介契約がおすすめ
近隣住民に気付かれず不動産売却を進めたい場合には、一般媒介契約を検討してみましょう。
その最大の理由としては、レインズへの不動産情報の登録義務がないことです。
レインズに登録された情報はさまざまな不動産会社に共有され、それだけ露出も多くなります。
本来であればそれが売却チャンスへとつながるのですが、気付かれずに売却を進めたい場合には、近隣の方の目に触れるリスクが高くなると考えなければなりません。
専任媒介契約、専属専任媒介契約ではレインズへの登録が義務付けられているため、登録を避けるためには一般媒介契約の選択が不可欠となります。

こちらの記事も読まれています|不動産売却に関する相談窓口をご紹介!~安心な売却への一歩を~

\お気軽にご相談ください!/

近隣に気付かれず不動産を売却するための売却活動とは

近隣に気付かれず不動産を売却するための売却活動とは

媒介契約を締結したら、買主を探すための売却活動に入ります。
近隣住民に気付かれずに売却活動を進めるためには、どのような方法があるのでしょうか。

周囲に気付かれず売却活動する方法1:広告を出さない

一般的な不動産の売却活動では、新聞折り込みの実施や、チラシのポスティング、そして一般の方もよく目にする不動産情報サイトへの情報掲載などがおこなわれます。
これらは集客の機会を得るための重要な売却活動です。
近隣エリアに配布されるポスティングチラシはとくに集客効果が高いと考えられますが、それだけ近隣住民に不動産売却を知られるリスクももっとも高くなってしまいます。
気付かれずに売却するためには、チラシの配布を控える、もしくは最寄り以外のエリアに配布するなどを検討してみてはいかがでしょうか。

周囲に気付かれず売却活動する方法2:不動産会社に相談する

広告の出し方についてもそうですが、不動産会社に相談することで対策できる部分もあります。
たとえば、査定のために不動産会社の担当者が現地を訪れる際には、スーツ姿での出入りを控える、社名の入った車を使わないなどの配慮が可能です。
周囲に気付かれず売却したい場合は、まず不動産会社にその旨を伝えてみてください。

周囲に気付かれず売却活動する方法3:不動産会社の買取を利用する

媒介契約を結ばず、不動産会社の買取を利用するという売却方法もあります。
買取とは、不動産会社が買主となり、売主から直接不動産を買い取る方法のことです。
買主を探す必要がないため広告を出さずに済み、周囲に売却を知られる心配がありません。
また、買主を探す期間が省かれるので、短期間での売却が可能になります。
資金面で売却を急いでいる方にとっても、メリットの多い売却方法だといえるのではないでしょうか。
仲介手数料が不要という点も、買取の大きな特徴のひとつです。
ただし買取を利用した場合、仲介による売却価格よりも安くなってしまう傾向にあります。
買取を利用すると、一般的な相場価格の7割ほどになると想定しておきましょう。

こちらの記事も読まれています|不動産売却に関する相談窓口をご紹介!~安心な売却への一歩を~

\お気軽にご相談ください!/

近隣に気付かれず売却は可能?不動産売却に必要な期間とは

近隣に気付かれず売却は可能?不動産売却に必要な期間とは

不動産の売却を決めてから引き渡しが完了するまでに必要な期間の目安は、3か月から半年ほどです。
ただし、周囲に気付かれず売却するため広告展開を控えると期間が長くなったり、逆に不動産会社による買取を利用すると期間が短くなったりもします。
ここでは、一般的な仲介による売却活動をおこなった場合の期間について見ていきましょう。

1:相場リサーチから媒介契約の締結まで(2週間から1か月程度)

不動産の売却を決めたら、まずは物件情報サイトなどを利用して類似物件の相場価格を調査してみましょう。
相場の感覚がつかめたら不動産会社に査定依頼を出し、納得のいく価格が提示されれば不動産会社と媒介契約を結びます。

2:売却活動の開始から買主を見つけるまで(3か月から6か月程度)

一般的な売却活動では、前項でもお伝えしたように不動産情報サイトへの情報掲載や新聞折り込みの実施、チラシのポスティング、のぼりの設置などを平行して進めていきます。
内覧希望者が現れたら、随時対応しましょう。
内覧のあとで購入の意志を伝えられたら、価格や引き渡し日などに関して細かな条件の交渉をおこないます。
多くの不動産売却では、この期間で買主がスムーズに見つかるかどうかが、売却期間全体の長さに影響してくるといえるでしょう。

3:売買契約の締結から引き渡し日まで(2週間から1か月程度)

買主と売主双方の意見がまとまったら、売買契約を締結します。
一度契約を締結すると解除が難しくなるので、契約前にはしっかりと書類に記された内容について確認しておきましょう。
多くの場合、売買契約のタイミングで手付金が支払われます。
売買契約後は、買主の住宅ローン審査に2週間から1か月ほどかかるのが一般的です。
審査に問題がなければ、あらかじめ決めておいた引き渡し日に残金の決済がおこなわれ、不動産売却が完了します。

こちらの記事も読まれています|不動産売却に関する相談窓口をご紹介!~安心な売却への一歩を~

まとめ

近隣に気付かれずに不動産売却を進めたい場合は、まず不動産会社に相談してみてください。
売却活動の方法をはじめ、買取の提案など、気付かれずに売却するための選択肢を提案させていただきます。
多摩、相模原エリアで不動産売却を検討されている方は、ぜひKURASHIまでお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

関連記事

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ