遠方から不動産売却をおこなう方法とは?契約の流れをご紹介

遠方から不動産売却をおこなう方法とは?契約の流れをご紹介

親から引き継いだ不動産を遠方から売却したい、遠方に引っ越した後に売却が必要になったなど、さまざまな理由によって遠方から不動産をおこなわなければならないことがあります。
しかし、遠方からの売却というのは、どのようにおこなえばいいのか分からないですよね。
そこで、本記事では遠方から不動産売却をおこなう方法と流れについて解説します。
遠方から不動産売却をおこないたい方はぜひご確認ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を遠方からおこなう方法

不動産売却を遠方からおこなうには、主に3つの方法があります。
それぞれの方法を確認し、自分にあった方法で売却を進めていきましょう。

持ち回り契約

持ち回り契約は、買い主と契約書を郵送することによって売買を進めていく方法です。
郵送の際は不動産会社が仲介役を担い、適宜必要な書類の記入・郵送などのサポートをおこないます。
買い主が立ち会いを必要とせず、書類でのやり取りに合意している場合はこちらの方法を用いることが可能です。

代理契約

代理契約は親戚などを代理人として、不動産売買契約の署名・捺印をおこなう方法です。
買い主からは通常の売却と変わらないため、比較的スムーズに売却を進めることができます。
こちらの方法を用いる場合は、相違点が出てしまわないように代理人との間で小まめな連絡が必要です。

司法書士へ依頼

代理契約は親戚などに代理を依頼するものでしたが、司法書士へ代理を依頼することも可能です。
代理契約とは異なって仲介手数料がかかってきますが、司法書士は法律のプロであるためスムーズに売買契約を進めることができます。
また、自分で司法書士を探さずとも不動産会社が紹介をしてくれることがほとんどです。
司法書士へ依頼したい場合には、まずはその旨を不動産会社へお伝えください。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

遠方から不動産売却をおこなう流れ

遠方からの不動産売却は、まずは不動産会社への依頼が必要です。
遠方から売却をしたいこと、どの方法を用いていきたいかなどをご相談ください。
売却の手順として、持ち回り契約の場合は立ち会いを省くだけであり、そのほかは販促活動、売買契約の締結、引き渡しといった通常の売却と同様の流れでおこなっていきます。
代理契約、司法書士への依頼は代理をしてもらうため、自分でおこなう作業自体はあまりありません。
ただし、相違点が出てしまわないように依頼先との連絡は、頻繁におこなっていきましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

本記事では遠方から不動産売却をおこなう方法と流れについて解説しました。
不動産売却は遠方からでもおこなうことが可能です。
本記事で解説した3つの方法から、自分にあったものを選んで売却を進めていきましょう。
相模原、多摩エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「KURASHI」にぜひご相談ください。
スピーディーに不動産を売りたい、管理に困っているなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

関連記事

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ