不動産売却前のインスペクションとは?中古住宅に安心という付加価値を与えよう

不動産売却前のインスペクションとは?中古住宅に安心という付加価値を与えよう

国は全国的に増加を続ける空き家問題を背景に、中古住宅市場の活性化を目的とした施策を講じています。
これは、専門家による中古住宅のインスペクションの活用と、既存住宅瑕疵保険への加入を促すことで、安心して中古住宅の取引をおこなえる環境の整備を図るものです。
そこで今回は、不動産売却前におこなうインスペクションとはなにか、その目的や費用相場についてご紹介します。
相模原、多摩エリアで不動産売却をご検討中の方も、参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前におこなうインスペクションとは

不動産売却前におこなうインスペクションとは、建物の劣化具合や欠陥の有無、必要な修繕について専門家が調査をおこなうことです。

既存住宅インスペクション・ガイドラインとは?

国は中古住宅市場を活性化するための施策として、インスペクションの普及に取り組んでいます。
2013年6月に国土交通省は「既存住宅インスペクション・ガイドライン」を策定して、その目的や基本的な考え方、検査項目・検査方法などを示しています。
不動産売却前におこなうインスペクションは、このガイドラインに基づいておこなうことになります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前にインスペクションをおこなう目的

中古住宅の買主は、住宅の質に対する不安を抱えていることが多く、インスペクションに合格している物件であれば安心につながります。
また、契約不適合責任が課せられている売主にとっても、建物の品質・状態についてあらかじめ確認できることで安心感を得られるでしょう。
さらに、インスペクションに合格することで瑕疵担保保険の加入要件を1つクリアでき、付保することで物件にさらに付加価値を与えることができます。
このように、不動産売却前にインスペクションをおこなう目的である、中古住宅市場の活性化につながるというわけです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前におこなうインスペクションにかかる費用

インスペクションの費用の相場は5万円程度となります。
これは、建物の構造耐力上主要な部分と雨水の侵入を防止する部分の、目視による調査のみであることがほとんどです。
機材を多く用いた詳細診断や、床下・天井裏への侵入調査などもおこなう際には追加費用がかかります。
また、インスペクションの結果、問題のある箇所がみつかった場合には修繕費用が必要な場合があります。
インスペクションは、売主と買主のどちらが実施しても構いませんが、その費用は実施者が負担することになります。
ただし、売却前に買主がおこなう際には売主の承諾が必要になります。
不動産売却前におこなうインスペクションには費用こそかかりますが、買主に安心感を与えることにより、早期に高く売却できる可能性が高くなるといえるでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却をお考えの方は、このインスペクションも一度検討してみることをおすすめします。
相模原、多摩エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「KURASHI」にぜひご相談ください。
スピーディーに不動産を売りたい、管理に困っているなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

関連記事

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ