相模原市での空き家対策とは?活用法と対処法を解説

相模原市での空き家対策とは?活用法と対処法を解説

全国でも空き家は年々増え続け、ますます問題となってきているのが現状です。
もし空き家を所有している方や、今後所有する可能性がある方ならぜひ空き家のリスクと対策を知っておくと良いでしょう。
そこで今回は、不動産売却をご検討中の方で神奈川県相模原市の空き家対策を詳しく知りたい方に対処法などを解説していきます。

\お気軽にご相談ください!/

相模原市での空き家対策①特別措置法

全国で空き家問題が深刻化している中、国会で「空家等対策の推進に関する特別措置法」が平成26年11月に成立しました。
この法律では、空き家の実態調査、所有者への管理指導、跡地の活用促進、管理されていなければ特定空家として指定することなどが定められました。
そこで、相模原市でも特別措置法に基づき、空き家対策をおこなっています。
平成30年の調査によると、相模原市の総住宅数34万9,700戸のうち空き家は3万6,200戸ありました。
つまり、総数の約10%が空き家であったということになります。
これにより相模原市では基本的な方針を固め、空き家対策を以下のように定めています。

  • 空家等の適切な管理促進
  • 空家等の利活用促進
  • 特定空家等に対する措置

空き家の実態を把握し、所有者への相談体制も取り入れ空き家の増加抑制をおこなっています。
また、空き家を中古住宅として活用促進したり、まちづくりに向けた活用を図っています。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

相模原市での空き家対策②自分できる対処法

相模原市でも空き家対策をおこなっていますが、今後空き家問題を解消するために自分でできる対処法をご紹介していきます。

空き家バンクを活用する

自治体が取り組んでいる空き家バンクは、売却したい空き家を登録しておくことで、空き家バンクにより自分の空き家に興味を持った方をご紹介してもらえます。
しかし、不動産会社のように契約書などを作成してくれないため注意が必要です。

空き家管理サービスを利用する

空き家の管理をおこなってくれるサービス業者を利用すれば、自分や家族の負担を減らすことができるでしょう。

賃貸物件として貸し出す

賃貸物件として活用することができれば、家賃収入も入ってきます。

不動産会社に売却する

一番、手っ取り早いのが空き家を売却してしまうことです。
売却してしまえば、空き家の管理をしたりする必要はなくなり、すぐに現金化することも可能です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

相模原市の空き家対策「特別措置法」と「自分でできる対処法」をご紹介してきました。
空き家問題は深刻化しています。
自分でできることから早めの対策をおすすめします。
相模原、多摩エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「KURASHI」にぜひご相談ください。
スピーディーに不動産を売りたい、管理に困っているなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

関連記事

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ