家の解体費用はいくらかかる?見積もり以降の流れや注意点を解説

家の解体費用はいくらかかる?見積もり以降の流れや注意点を解説

この記事のハイライト
●家の解体をする際には、見積もりの後に解体準備、解体工事をおこなってから、廃材処理や整地をする
●家の解体費用は、家の構造や立地、付帯工事などによって金額が変わる
●更地にしてから売却したほうが良いかどうかは、状況などにより異なる

所有している不動産を更地にしてから売却する場合、家の解体費用がかかります。
家の解体費用は構造などによって異なるため、相場どおりにいかないことも多いです。
この記事では、家の解体工事の流れと一般的な相場、また、解体する前に知っておきたい注意点についてご説明いたします。
多摩エリアや相模原周辺で不動産売却をご検討中の方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

家の解体費用見積もり以降の流れ

家の解体費用見積もり以降の流れ

家の解体工事を完了させ、更地にするまでには複数の工程があります。
解体工事を請け負う業者に見積もりを依頼するところからはじまり、以下のような流れとなります。

  • 解体費用の見積もり
  • 解体準備
  • 解体工事
  • 廃材処理・整地

一連の流れのなかにある各工程についてご説明いたします。

解体費用の見積もり

まずは解体業者に問い合わせ、現場調査を依頼します。
ここで、解体する建物はどのような構造なのか、重機が搬入しやすい立地か、隣家との距離は近すぎないかなど、さまざまな角度から状況を確認します。
このような状況を分析した結果、解体費用の見積もり金額が伝えられるので、問題なければ実際に解体工事を依頼すると良いでしょう。

解体準備

解体を依頼することが決まったら、解体準備が始まります。
解体工事では大きな音やほこりが発生し、人や重機の出入りがあるため、前もって近隣に挨拶しておくことが大切です。
挨拶の際は、作業内容と工事期間を伝えるようにしましょう。
また、ご自身で電気会社とガス会社に連絡し、電気やガスの停止と配管や配線の撤去を依頼します。
水道は解体業者が工事中に利用することが多いため、停止しないことが多いです。

解体工事

準備が完了したら、次は解体工事に取り掛かります。
まずは建物の周囲に足場を作って防音シートで覆います。
建物の状態や立地により解体の手順は異なりますが、内装やドアなどの建具、設備などを解体してから骨組みとなる柱や屋根の解体に進むことが多いです。
その後にコンクリートの基礎を掘り起こして撤去するのが一般的な解体工事の流れです。

廃材処理・整地

解体工事で出た廃材を分別してトラックで搬出して廃棄します。
地中に基礎の破片などが残っていないかを確認してから、土地を平らにする整地工事をおこないます。
ここまでが解体における一連の流れとなります。

この記事も読まれています|空き家を売りたいときはそのままの状態でもOK?売却にかかる費用も解説!

\お気軽にご相談ください!/

家の解体費用の相場

家の解体費用の相場

家の解体費用はさまざまな要因により上下しますが、それでも参考にできる相場はあります。
ここでは解体費用の相場の目安や、どのような要因により解体費用が変わってくるかについてご説明いたします。

解体費用の相場を決める要因1:建物の構造

解体費用の坪単価の相場は以下のとおりです。

  • 木造:3万1,000円から6万5,000円
  • 鉄骨造:3万4,000円から7万円
  • RC造:3万5,000円から8万円

建物が丈夫であればあるほど解体に手間がかかるため、構造によって大きな価格差が生じます。
しかし同じ構造であっても相場に倍以上の開きがあるのは、これからご説明する複数の要因によるものです。

解体費用の相場を決める要因2:立地

家がどのような環境に建っているかという立地も解体費用に大きく影響します。
隣家との距離が1m以下など、住宅が密集している立地だと足場が立てられなかったり、大きな重機が敷地内に入るのが難しくなったりします。
大きな重機が入れられないと手作業での解体ばかりになるため、多くの人手、もしくは長い工期が必要です。
また、建物の前の道路が狭いと、交通整備のためのスタッフが必要となることがあります。
このように、人件費によって解体費用が上がることが多いです。

解体費用の相場を決める要因3:付帯工事

基本的な作業以外に付帯工事が必要となった場合、家の解体費用は高くなります。
とくに古い家の場合は建材にアスベストが使用されているケースもあり、注意が必要です。
アスベストは人体に有害なため解体時に特別な処理が必要となり、解体費用が上乗せされます。
また、塀や門、庭、車庫、倉庫、地下室など、解体が必要な設備がある場合は追加費用がかかります。

解体工事をすることのメリットとデメリット

家の解体工事には高額な費用がかかるため、本当に解体工事をする価値があるかどうかをじっくり検討することをおすすめします。
解体工事をし、更地にしてから売却することで、土地活用の幅が広がることは大きなメリットです。
駐車場経営や新築一戸建ての建築など、さまざまな目的を持つ多くの購入希望者に訴求することができるでしょう。
ただし、更地にすると建物の資産価値がゼロになるうえ、固定資産税も上がるというデメリットがあります。
また、次章でご説明する注意点にもあるように、解体によってトラブルが起きることも考えられます。

この記事も読まれています|空き家を売りたいときはそのままの状態でもOK?売却にかかる費用も解説!

\お気軽にご相談ください!/

家の解体費用に関する注意点

家の解体費用に関する注意点

基本的な解体費用の相場は前述したとおりですが、地中埋設物が発見された場合は解体費用が追加されるという注意点があります。

地中埋設物とは

解体工事をおこなっている途中で、地中埋設物が発見されることがあります。
地中埋設物とは、地中に埋まっている廃棄物やごみなど、地中から発見されるもの全般のことを言います。
瓦やコンクリートガラ、木片、鉄くずなど、過去の建物の資材として使われていたものが埋まっていることが多いです。
他にも過去の建物の基礎や、岩石、井戸や浄化槽が見つかることもあります。

地中埋設物がある原因

コンクリートガラや木片、鉄くずなどの建築廃材は、過去の解体工事がずさんにおこなわれた結果である可能性があります。
現在は厳しい罰則も設けられているため、きちんと法律に則って廃棄する解体業者ばかりですが、過去には廃材をそのまま地中に埋める解体業者も存在しました。
それに対して、井戸や浄化槽が発見された場合は、過去の解体工事は関係ないことがほとんどです。
以前の家主が使わなくなった井戸や浄化槽を放置していたことが地中埋設物の原因であることが多いです。

地中埋設物は撤去が必要

地中埋設物が見つかった場合は撤去しなければならず、そのままにして売却することはできないというのも注意点のひとつです。
地中埋設物を放置しておくと不法投棄の疑いをかけられることになり、買主とのトラブルにもつながります。
新しい建物を建てる際に地中埋設物が障害になることも多く、地盤が弱くなる原因にもなります。
もし買主から地中埋設物の指摘を受けた場合は、「契約不適合責任」が追及され売主の責任で撤去を求められるでしょう。

地中埋設物の撤去費用

家の解体工事の途中で地中埋設物が発見された場合、追加の解体費用を請求されることになります。
木くずなどが少量で発見された場合は撤去費用が安めですが、過去の建物の基礎などは高額な追加費用が発生することもあります。
状況によってかかる費用は大きく異なるため、追加費用がかかる場合も前もって見積もりを提示してもらうようにしましょう。

この記事も読まれています|空き家を売りたいときはそのままの状態でもOK?売却にかかる費用も解説!

まとめ

家の解体工事の流れと、解体費用の相場、また、追加費用が請求される地中埋設物に関する注意点についてご説明いたしました。
家を解体して更地にしてから売却すると、買主が見つかりやすくなるというメリットがありますが、実際に完了するまで解体費用がはっきりしない点などに注意も必要です。
わたくしども「KURASHI」では、多摩エリアや相模原周辺を中心に不動産売却を取り扱っております。
家を解体してから売却したほうが良いかなど、不動産売却に関するお悩みは弊社までお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

関連記事

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ