不動産を売却する際の一連の流れと売却にかかる期間について解説!

不動産を売却する際の一連の流れと売却にかかる期間について解説!

この記事のハイライト
●不動産会社に仲介を依頼する際の媒介契約には3つの種類がある
●不動産売却には約3か月から半年かかるのが一般的
●早く手放したい方は、不動産会社の買取がおすすめ

個人の方が不動産を売却する場面は、人生のなかでそう何回も訪れるわけではないため、「何から手を付ければ良いのかわからない」と不安な方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、不動産売却の一連の流れと押さえておきたいポイント、さらに売却にかかる期間について解説します。
多摩エリアや相模原で不動産売却をご検討中の方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却において不動産会社と媒介契約を結ぶまでの流れとは

不動産売却において不動産会社と媒介契約を結ぶまでの流れとは

不動産売却をおこなう場合、不動産会社に仲介を依頼して買主を探すのが一般的です。
そのときに不動産会社と結ぶ契約のことを「媒介契約」といいます。
ここでは「不動産を売却したい」と思ってから、媒介契約を結ぶまでの流れをご説明しましょう。

周辺の物件の相場を調べる

不動産を売却するにあたって、まずは「売却価格」が気になるところです。
「どのような物件が、どれくらいの価格で販売されているのか」といった価格のイメージを掴むために、周辺で売り出されている物件の相場を調べてみましょう。

不動産会社に査定を依頼する

売却価格の相場観が掴めたら、不動産会社に査定を依頼します。
不動産査定には、「机上査定」と「訪問査定」の2種類があります。
机上査定
所在地や面積、築年数といった物件の情報と、年に一度公表される公示価格などのデータをもとに査定価格を算出する方法です。
データのみの簡易的な査定方法であるため、「簡易査定」とも呼ばれており、結果が早くわかるのがメリットです。
訪問査定
机上査定で使われるデータにくわえ、実際に不動産会社の担当者が現地を訪問し、細かい調査をおこなったうえで査定価格を算出する方法です。
物件の状態だけでなく、周辺環境なども加味した価格が提示されるため、実際の売却価格に近い金額を把握できます。
とりあえず大まかな価格が知りたい方は「机上査定」、売却することが決まっており現実的な価格が知りたい方は「訪問査定」を依頼すると良いでしょう。
弊社では、不動産査定を無料にて承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

不動産会社と媒介契約を結ぶ

査定価格に納得したら、不動産会社と媒介契約を結びます。
媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3つの種類があります。
この3つを区別するポイントは、「専任かどうか」と「レインズへの登録と活動報告の義務の有無」などです。
「レインズ」とは、国土交通大臣が指定する不動産流通機構が運営しているネットワークシステムのことで、レインズに登録することで、不動産の情報を広く公開できます。
では、それぞれの特徴を見ていきましょう。
専属専任媒介契約
売却の仲介を依頼できるのは1社のみで、さらに不動産会社が探した買主との取引に限られます。
5営業日以内にレインズに登録し、売主に対して1週間に1回以上、販売状況を報告することが義務付けられています。
専任媒介契約
専属専任媒介契約と同じく、売却の仲介を依頼できるのは1社のみですが、お客様が見つけてきた買主との取引も可能です。
7営業日以内にレインズに登録し、売主に対して2週間に1回以上、販売状況を報告することが義務付けられています。
一般媒介契約
複数の不動産会社と媒介契約を結ぶことができます。
一般媒介契約を結んだ不動産会社には、レインズへの登録や販売状況の報告は義務付けられていません。
媒介契約を選ぶ際は、立地条件やご自身の状況を考慮すると良いでしょう。
たとえば、立地条件が良く需要が多いエリアの場合は、一般媒介契約で良いかもしれません。
「早く手放したい」「活動状況を把握したい」という方は、広く情報を公開できるレインズへの登録や、活動報告が義務付けられている専任系の媒介契約がおすすめです。
仲介を依頼して不動産売却をおこなう際は、まず上記のような流れで媒介契約を結び、具体的な販売戦略を立てるのです。

この記事も読まれています|家の解体費用はいくらかかる?見積もり以降の流れや注意点を解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における具体的な売却活動の流れとは

不動産売却における具体的な売却活動の流れとは

不動産会社と媒介契約を結ぶと、いよいよ売却活動に入ります。
ここからは、具体的な売却活動の流れをご説明しましょう。

不動産の情報を発信する

まずは不動産を探している方に、不動産の情報を知ってもらわなければなりません。
具体的には、次のような売却活動をおこないます。

  • レインズに登録する
  • 自社ホームページに掲載する
  • 不動産ポータルサイトに掲載する
  • 新聞の折り込み広告やポスティングチラシを配布する
  • 店頭で紹介する

このように、さまざまな方法で不動産の情報を発信し、購入希望者を募ります。

内見に対応する

不動産に興味を持った方が現れると、内見を希望されます。
内見時に良い印象を持ってもらうことが、売却成功につながる大きなポイントです。
しっかりと清掃、整理整頓をおこない、気持ち良く内見してもらえるような空間づくりをこころがけましょう。

購入希望者と条件交渉をおこなう

購入希望者が現れたら、購入申込書を受け取り、買主との価格や入居時期など、契約に向けて具体的な条件交渉をおこないます。
条件に売主と買主の双方が合意したうえで、売買契約を結び、決済・引き渡しへと進む流れになります。

この記事も読まれています|家の解体費用はいくらかかる?見積もり以降の流れや注意点を解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の一連の流れにかかる期間とは

不動産売却の一連の流れにかかる期間とは

ここまで、不動産を売却する際の一連の流れをご説明してきました。
では、不動産売却を決めてから実際に引き渡しが完了するまで、どれくらいの期間を要するのでしょうか。
一般的に不動産売却にかかる期間は、3か月から半年程度だといわれています。
段階ごとの目安をお伝えしましょう。
査定依頼から媒介契約締結まで:約1週間から2週間
机上査定は、インターネットからでも簡単に依頼でき、早ければ当日、遅くても数日で結果がわかります。
訪問査定の場合は現地に出向き調査をおこなうため、結果がわかるまでに1週間ほどかかるのが一般的です。
したがって、査定を依頼してから不動産会社と媒介契約を結ぶまでに、約1週間から2週間かかると考えておきましょう。
売却活動:約1か月から3か月
立地条件や不動産の状態、また売り出す時期など、状況によって売れるまでにかかる期間は異なります。
3か月ほどかかるのが一般的ですが、それ以上かかる可能性があることを頭に入れておきましょう。
売買契約締結から引き渡しまで:約1か月から2か月
買主が見つかって条件交渉をおこない、売買契約を締結するまでに約2週間はかかります。
また売買契約締結後、買主が住宅ローンを利用する場合、審査に約2週間から3週間かかります。
審査にそれ以上の時間がかかるケースもあるため、売買契約締結後、実際に引き渡すまでには、約1か月から2か月かかることを想定しておきましょう。

「買取」なら早く現金化できる

不動産売却の流れと、売却にかかる期間をお伝えしてきましたが、不動産を手放す際には「不動産会社の買取を利用する」という方法もあります。
買取の場合、不動産会社が買主になるため、売却活動をおこなって買主を探す必要がありません。
買取価格に納得すれば、すぐに現金化できるため、「買主が見つかるかどうか心配」「売却活動に時間をかけたくない」という方は、不動産会社の買取がおすすめです。

この記事も読まれています|家の解体費用はいくらかかる?見積もり以降の流れや注意点を解説

まとめ

不動産を売却する際には、3か月から半年程度かかるのが一般的です。
しかし、立地条件や不動産の状態によっては、それ以上かかる可能性もあります。
不動産会社の買取なら、売却活動をおこなう必要がなく、早く現金化できるため、「早く手放したい」という方は買取を検討してみましょう。
「KURASHI」は、多摩エリアや相模原で不動産の買取をおこなっております。
今すぐ売却の予定がない方でも、まずは参考として弊社の無料査定をご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

関連記事

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ