相続した不動産を売却するときの流れをご紹介!

相続した不動産を売却するときの流れをご紹介!

不動産を相続したとき、どのようにして売却をおこなうのかあらかじめ知っておくと安心です。
一般的な売却にはない注意点もあるので、気を付ける必要があります。
そこで多磨エリアや相模原の方に向けて、相続した不動産を売却するときの流れと注意点、相続登記をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

相続した不動産を売却するときの流れとは

相続した不動産を売却するときの流れとそのとき気を付ける注意点をご紹介します。

売却するときの流れ

亡くなってから売却まで、以下のような流れでおこないます。

  • 死亡届と死体火葬許可書の提出
  • 遺書などによる相続人の確定と遺産の確認をおこない相続財産目録を作成
  • 遺産分割協議
  • 相続財産の名義変更の手続き
  • 査定・売却

死亡届と死体火葬許可書は、死後7日以内に役所に提出します。
そして、親族内でのトラブルを防ぐために遺言書の確認と相続人の調査、遺産の確定をおこないます。
また、遺産分割協議はどの財産をどのような割合で相続するのかについて、相続人全員で話し合います。
このとき遺産分割の方法も決めます。
遺産分割の方法には、現物で分ける「現物分割」、1人の相続人がすべて相続し相当分のお金をほかの相続人に分ける「代償分割」、財産を売却しお金を分ける「換価分割」があります。
ただし遺言書がある場合は、遺産分割協議をおこなう必要はありません。
査定・売却からは一般の売却と同様に進め、換価分割の場合は売却後に相続人で利益を分けます。

注意点

相続した不動産を売却する場合、以下のような注意点があります。

  • 共有者の同意を得る
  • 最低売却価格を決める
  • 窓口となる担当者を決める
  • 相続登記を忘れない

これらの注意点に気を付けると、スムーズに売却が進みます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

相続した不動産を売却するとき知っておきたい相続登記

相続登記とは、元の所有者である亡くなった方から相続人に不動産の名義を変更することです。
相続登記は義務ではありませんが、不動産の売却をおこなうときや、不動産を担保にお金を借りるときに必要になります。
司法書士に依頼する方も多いですが、ご自身でも手続きは可能です。
相続登記には、以下のような注意点があります。

  • 相続したら忘れずに相続登記をおこなう
  • どのように相続したかによって揃える書類などが異なる

相続しても相続登記を怠っていると、権利関係などでトラブルが起こる可能性があります。
また売却もできないので、相続したらすぐに相続登記をおこなうのがおすすめです。
遺言による相続、遺産分割による相続、法定相続による相続と、相続方法で揃える書類などが異なるので、事前に確認しておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

相続した不動産を売却するときは、相続財産目録の作成や遺産分割協議、相続登記などのステップが必要となります。
とくに名義を相続人に変更する相続登記は、トラブルを防ぐためにも相続したらすぐにおこないましょう。
相模原、多摩エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「KURASHI」にぜひご相談ください。
スピーディーに不動産を売りたい、管理に困っているなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

関連記事

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ