不動産売却の流れとは?媒介契約・準備書類・売却活動をご紹介

不動産売却の流れとは?媒介契約・準備書類・売却活動をご紹介

不動産売却をご検討中のなかには、何から始めたら良いのか、どんな流れで売却するのか、不安に思う方もおられると思います。
そこで、不動産売却をご検討中の方に、不動産売却の流れでもある媒介契約や準備、売却活動についてご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れ①媒介契約

通常、不動産売却をする際は次のような流れでおこないます。
売却の相談→不動産の査定→媒介契約→売却活動→売買契約成立→決済・引き渡し
ここでは、不動産会社と契約する「媒介契約」について解説していきます。
媒介契約とは、不動産売却を正式に依頼する場合に不動産会社と結ぶ契約です。
媒介契約は大きく3つの種類にわけられます。

専属専任媒介契約

依頼できる不動産会社は1社のみで、専属で売却活動をしてもらいます。
売却活動などを売主へ報告する義務が決まっているため、随時状況を把握することが可能ですが、自分がみつけてきた買主に売却することは出来ません。

専任媒介契約

専属専任媒介契約と同様に、1社のみと契約を結び、売却活動をおこなってもらいますが、自分がみつけてきた買主にも売却することが出来ます。
窓口が1本化できるため、他の不動産会社とやり取りする手間や労力が不要です。

一般媒介契約

唯一、複数の不動産会社と契約することができます。
一般媒介契約は専属や専任契約と違って、売却活動の報告義務はありませんが、都心部など、人気エリアではおすすめの媒介契約です。
一般媒介契約で数多くの不動産会社と契約することで、より良い条件での売却ができるかもしれません。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れ②準備するもの

不動産売却開始から引き渡しまでには、準備しておかなければならない書類などがあります。

不動産査定前に準備する物

査定前には「登記済権利証」「物件の図面」「土地測量図」「固定資産税納税通知書」を準備しておきましょう。

媒介契約・売却活動前に準備する物

媒介契約前に準備しておく物は「建築確認済証」「建築設計図書」「耐震診断報告書」「物件購入時のパンフレット」「ローン残高証明書」などです。

引き渡し前に準備する物

引き渡し前は「本人確認書類」「印鑑証明書」「住民票」「銀行口座通帳」などを準備しておきましょう。
通常は、不動産会社からその都度指示があるため、不安に思うことはありませんが、事前に確認しておくことで、スムーズに売却を進めていきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れ③売却活動

不動産売却でもっとも重要である、売却活動の種類や流れ、期間についてご紹介します。
売却活動で効果的なのが「内覧」で、実際に購入希望者に不動産の魅力を知ってもらうチャンスです。
また、広告活動や営業での活動など物件に興味がある方を探します。
このような売却活動により、買主が決まれば売買契約を結びます。
また通常は、不動産売却を開始してから引き渡しまでには、およそ6か月程度の期間を要しますが、買主が決まらない場合はそれ以上長引くこともあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却の流れでの、媒介契約・準備書類・売却活動についてご紹介してきました。
自分に合った媒介契約を見つけ、スムーズな売却に繋げていきましょう。
相模原、多摩エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「KURASHI」にぜひご相談ください。
スピーディーに不動産を売りたい、管理に困っているなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

関連記事

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ