不動産売却をしたら忘れずに火災保険を解約しよう!保険料は返金される?

不動産売却をしたら忘れずに火災保険を解約しよう!保険料は返金される?

不動産売却をするときは、ご自身で火災保険の解約をする必要があります。
条件によっては、先に一括で支払っていた保険料の一部が戻ってくることもあります。
この記事では、不動産売却をするときの火災保険の解約の手続きと返金の条件、解約前に修繕ができるのかについてお伝えします。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で火災保険を解約する手続きとタイミング

不動産売却ではさまざまな手続きが必要になりますが、住宅にかけていた火災保険の解約も必要です。
解約の手続きは、売買契約のタイミングではなく、引き渡した後におこないましょう。
不動産売買では危険負担という考えがあり、引き渡しまでに発生した災害には、売主が対応しなければなりません。
そのため1日でも空白期間がないようにするために、所有権が移転してから解約手続きをおこなうのがおすすめです。
火災保険の解約の流れとしては、まず加入者が保険会社に連絡し、解約書類を送付してもらいます。
書類に必要事項を記入して、返送すれば解約手続きが完了します。
不動産売却をしても自動的に解約になるわけではないので、忘れずに手続きをおこないましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で火災保険を解約すると返金はある?

火災保険の解約をすると、長期契約をしていて、契約期間が残っている場合に保険料が返金されます。
具体的には、引き渡しの時点で1か月以上契約期間が残っていることが条件です。
いくらお金が戻ってくるのかは、長期一括保険料×未経過料率で計算します。
この計算式に当てはめることで、返金額をシミュレーションすることができるでしょう。
未経過料率は保険会社によって設定が異なるので、契約内容を確認してみてください。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前に火災保険を利用して修繕はできる?

不動産売却をおこなう前に、火災保険のオプションを利用して、住宅の欠陥部分を修繕できることをご存じでしょうか。
どこまで修繕が可能かは契約内容にもよりますが、一般的には雨漏りなどの自然災害によるダメージは、対象になる可能性が高いでしょう。
住宅の傷みは売却価格にも影響が出てしまうので、事前に修繕をおこなっておくことをおすすめします。
もし瑕疵を放置したまま売却すると、契約不適合責任に問われてしまうので、トラブルのリスクを減らすためにも、事前に修繕しておいたほうが良いでしょう。
火災保険を有効活用することで、「修繕費用を減らす」「売却価格を下げない」この二つのメリットがあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却では、火災保険の解約手続きを忘れずにおこなえば、場合によっては返金があることもあります。
売却前に気になる住宅の傷みがある場合にも、火災保険の補償範囲になっていることがあるので、保険を利用して修繕できるか確認してみることをおすすめします。
相模原、多摩エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「KURASHI」にぜひご相談ください。
スピーディーに不動産を売りたい、管理に困っているなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

関連記事

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ