不動産売却における所得税とは?控除やふるさと納税による節税について解説

不動産売却における所得税とは?控除やふるさと納税による節税について解説

不動産売却で売却益が発生すると、どのような税金がかかるのか、節税方法を知らずにお困りの方もいらっしゃるでしょう。
不動産売却をおこなう前に、納めるべき税金がどのようなものか知りたいですよね。
この記事では、不動産売却時における所得税の概要や特別控除、ふるさと納税についてご説明します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却にかかる税金である所得税とは?

不動産売却のときに発生する税金には、印紙税・登録免許税・譲渡所得税などがあります。
そのなかでも譲渡所得税は、不動産売却で売却益が発生した場合に納めるべき税金です。
譲渡所得税とは、住民税・所得税・復興特別所得税の総称です。
不動産売却で得た収入も、給与などと同様に個人の収入として扱われるので、所得税と住民税が発生するのです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時にかかる所得税の特別控除とは?

特別控除とは、マイホーム売却のときに売却益が発生しても、特例の要件を満たしていれば、特例が適用され節税することができます。
譲渡所得を計算する際に、売却益から最大3,000万円を控除して、ゼロかマイナスになると譲渡所得税がかかりません。
特例の要件には、実際に住んでいた家であること(別荘は除く)、住まなくなってから3年目の12月31日までに売却することなどがあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

ふるさと納税を利用して不動産売却時の所得税を節税できる?

ふるさと納税とは、現在住んでいる自治体や他の自治体に寄附することで、寄附額の2,000円を超える部分を、所得税と住民税から控除できる仕組みです。
また、寄附をした自治体の返礼品が貰えるのが、ふるさと納税の特徴です。
さらに、不動産売却の際に譲渡所得税が発生した場合、所得税からふるさと納税の控除が適用され、さらに同年の住民税からも所定の金額が控除されます。
ふるさと納税による控除を受けるには、確定申告の手続きが必要です。
しかし、控除額には上限額があることや、売却した年にふるさと納税をすること、売却した名義人の名前で申請することなどの点に注意してください。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却のときに売却益が発生したら納めるべき税金が譲渡所得税です。
譲渡所得の節税方法には、マイホーム売却時の特別控除とふるさと納税などがあります。
マイホーム売却時の特別控除とふるさと納税の併用はできないので、どちらのほうが節税効果はあるのかを確認しましょう。
相模原、多摩エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「KURASHI」にぜひご相談ください。
スピーディーに不動産を売りたい、管理に困っているなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

関連記事

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ