空き家の劣化原因とは?放置するデメリットや管理の重要性をご紹介!

空き家の劣化原因とは?放置するデメリットや管理の重要性をご紹介!

空き家は誰も住んでいないため、劣化が早いです。
空き家を放置したままだと、さまざまなデメリットが生じるので、空き家を管理する必要があります。
この記事では、空き家が劣化する原因やデメリット、管理する重要性をご説明します。

\お気軽にご相談ください!/

空き家が劣化する原因とは?

空き家は誰も住んでいないため、劣化が早いです。
劣化する原因には以下のような原因があります。

換気不足

空き家は換気不足になるため、室内に湿気が溜まりカビが増殖します。
カビが生えることで空き家の劣化に繋がります。

雨漏り

空き家に雨漏りが発生した場合、誰も住んでいないとすぐに対応できないので雨水が侵入してしまいます。
雨水が室内に侵入してしまった状態だと、空き家の劣化のスピードは早いです。

給排水菅

給排水菅は、利用されないままだと錆ができて破損する恐れがあります。
また、利用されない状態で放置されてしまうと、再度利用する際に不作動が起きる可能性があるといわれています。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

空き家が劣化することで発生するデメリットとは?

空き家が劣化することで発生するデメリットを以下にご紹介します。

売却したくても売れにくくなる

空き家を売却しようとしても、劣化した状態だと、買主が物件の魅力を感じられないために売れ残ってしまう原因になります。

賃貸物件に出したくても修繕費がかかってしまう

空き家を賃貸物件に出したいと思っても、劣化した状態だと、まずは修繕費用がかかってしまうでしょう。
また、入居者が決まらないと家賃収入が得られずに、修繕費だけが負担になる可能性もあります。

行政から特定空き家に指定される

行政から危険な空き家として、特定空き家に指定された場合、強制的に撤去される可能性があります。
その際の空き家の解体費用は請求されるので注意が必要です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

空き家の管理・メンテナンスすることの重要性

空き家を劣化させないためにも、定期的な以下の3つの方法で管理・メンテナンスをおこなう必要があります。

  • 空気の入れ替えで湿気やカビを防ぐ
  • 給排水管に水を流す
  • 定期的に訪れて害虫を駆除する

しかし、仕事で忙しかったり、遠方に空き家があったりすると、定期的な管理やメンテナンスをおこなうのは難しいでしょう。
空き家の管理サービスをおこなっている不動産会社に依頼するか、空き家の売却をおこなうのがおすすめです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

誰も住んでいない空き家は、換気不足、雨漏りに早急に対処できない、給排水管の不都合から劣化が進みます。
劣化が進んだ空き家はさまざまなデメリットが生じるため、管理やメンテナンスをおこなうか、売却するかを検討するのがおすすめです。
相模原、多摩エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「KURASHI」にぜひご相談ください。
スピーディーに不動産を売りたい、管理に困っているなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

関連記事

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ