遺留分とは?不動産の評価方法と決まらない場合の対処方法を解説!

2022-10-25

遺留分とは?不動産の評価方法と決まらない場合の対処方法を解説!

遺留分とは、相続が発生したときに、どのようなケースでも法定相続人として保障されている最低限の相続財産のことです。
遺留分に不動産がある場合だと、どのように決めるのかが分からない方もいらっしゃるでしょう。
この記事では、遺留分とは何かをご説明したうえで、不動産があった場合の評価額の方法と決まらないときの対処方法についてご説明します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の遺留分とは?

遺留分とは、相続における相続人の遺言状によって、被相続人への遺産の配分が決められていたとしても、法定相続人であれば相続できる最低限の遺産のことです。
しかし、法定相続人が必ず遺留分を取得できるわけではありませんので注意してください。
法定相続人には、配偶者や子ども、孫などによって遺産が取得できる順位や取得割合が決まっています。
遺産総額から、遺留分の取得割合を掛け合わせて、取得分を算出します。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

遺留分における不動産評価額の決め方

遺留分に不動産がある場合、不動産評価額を元に、取得できる配分を計算します。
不動産評価額は、以下の方法によって調べられます。

  • 固定資産税評価額
  • 路線価
  • 地価公示価格

上記のどの方法で不動産評価額を調べるかは、相続人同士で話し合いましょう。
不動産評価額が決まったら、不動産の遺留分を計算します。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

遺留分の不動産評価額が決まらないときの対処法

相続人同士で、不動産評価額に合意ができずに決まらないケースがあります。
万が一、相続人同士で争いが起きてしまった場合は、以下の対処方法で解決しましょう。
不動産鑑定士に依頼する
不動産評価額の専門家である不動産鑑定士に依頼すると良いでしょう。
正確な不動産の価値がわかるので、相続人同士も納得がいくはずです。
弁護士に相談する
話がまとまらない場合、相続に強い弁護士に相談するのもおすすめです。
法律的視点からアドバイスがもらえたり、交渉から手続きの代理も依頼ができたりします。
裁判所に訴訟の申し立てをする
最終的な手段としては、裁判所に訴訟の申し立てをして法的に争う方法です。
裁判所の判断には法的効力があるので、それぞれの遺留分が強制的に決定されます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

遺留分とは、法定相続人に保障されている最低限の相続財産です。
不動産における遺留分の場合、不動産評価額を決め、取得割合から配分を計算します。
相続人同士で遺留分が話し合いで決まらないときは、専門家に依頼しましょう。
相模原、多摩エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「KURASHI」にぜひご相談ください。
スピーディーに不動産を売りたい、管理に困っているなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ