不動産売却する際の担当者の選び方とは?見極めるポイントをご紹介

2022-11-08

不動産売却する際の担当者の選び方とは?見極めるポイントをご紹介

不動産売却では、多くのやりとりをおこなう担当者との関係はとても大切です。
また満足できる売却をできるかどうかは、担当者がポイントとともいえます。
そこで、多摩・相模原を中心とするエリアで不動産売却をご検討中の方に向けて、不動産売却における担当者の選び方についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における担当者の選び方とは

不動産売却をするとき、一般的に不動産会社での相談や査定を経て売れるための営業活動がおこなわれます。
このとき、売却の相談や査定、営業活動において「取引の窓口」の役割を担うのが担当者です。
問い合わせへの対応や内見での立ち会い、価格交渉などの際に買主と直接顔を合わせるのも担当者であり、対応や人柄が良いと不動産売却の成功につながります。
つまり、どのような担当者かによって不動産売却の結果が左右されるといえるのです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における担当者の選び方のポイント

不動産売却をするときの担当者の選び方には、以下のポイントがあります。

  • 売却価格の根拠を明確に説明できる
  • 物件のデメリットについての説明がある
  • 物件周辺の情報に詳しい

価格の根拠とは、査定においてどうしてその金額になったのかという理由です。
売却価格は高ければ良いというものではなく、根拠なく高い価格を設定すると売れづらくなってしまいます。
また、不動産売却では物件の持つデメリットにも目を向けることは大切です。
デメリットを無視した価格設定で売り出すと、あとから価格を下げることになるので注意しましょう。
さらに、物件周辺の情報に詳しいことも大切なポイントです。
情報に詳しい担当者であれば、地域の利便性や魅力を購入希望者に伝えられるのでスムーズな売却につながります。
担当者が物件周辺の情報に詳しいかどうか知りたい場合は物件の魅力について聞いてみましょう。
詳しい担当者であれば地域の環境に基づいた魅力も説明します。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における担当者の選び方では相性も大切

担当者を選ぶとき、前述したポイントにくわえて人柄や相性も大切です。
不動産売却では一般的に相談から売却まで数か月かかるため、その間に何度も担当者と話し合う機会があります。
そのため、まず見た目の印象と話し方に着目して判断し、信頼できてストレスを感じずにコミュニケーションを取れる担当者を選ぶと良いでしょう。
依頼や質問に対する返信が遅かったり、対応がぞんざいな担当者は避けたほうが無難です。
また相性が悪いと感じたら、スムーズな取引のためにも担当者の変更を申し出ることをおすすめします。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却をするとき、「取引の窓口」の役割を担う担当者の選び方は大切なポイントです。
担当者の人柄や持っている情報などによって不動産売却が成功するか失敗するか左右されるので、信頼できて相性の良い担当者を選びましょう。
相模原、多摩エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「KURASHI」にぜひご相談ください。
スピーディーに不動産を売りたい、管理に困っているなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ