事故物件のリフォームは資産価値の維持に有効?費用相場や注意点も解説!

2022-11-15

事故物件のリフォームは資産価値の維持に有効?費用相場や注意点も解説!

所有している物件が事故物件になってしまった場合は、資産価値を維持するためにリフォームしようと考える方も少なくありません。
しかし、事故物件のリフォームは、資産価値の維持に有効なのでしょうか。
今回は、相模原、多摩エリアで事故物件の売却を検討している方に向けて、事故物件のリフォームは資産価値の維持に有効なのか、費用相場や注意点もあわせてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

事故物件のリフォームは資産価値の維持に有効か

事故物件のリフォームは、資産価値の維持に有効でしょうか。
過去に、事故や事件などで人の死が発生した事故物件の場合は、土地や建物自体に問題はありません。
リフォームによって事故や事件の痕跡を消して買主の嫌悪感を払拭できる場合は、資産価値の低下をある程度防げるでしょう。
ただし、事故物件を売却する場合は心理的瑕疵があるとみなされるため、リフォームをおこなった場合でも告知義務が発生します。
告知義務を果たさなかった場合は、契約不適合責任を問われるリスクがあるため注意が必要です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

事故物件のリフォーム費用の相場はいくらぐらい?

事故物件は、通常よりもリフォーム費用が高くなる傾向があります。
体液などが壁や床に染みついている場合は、壁紙や床材の張り替えが必要です。
床材の下地まで破損しているケースでは、床をはがして交換することになるでしょう。
1㎡あたりの床の張り替え費用は、フローリングが3,000〜4,000円程度、クッションフロアは2,000〜4,500円程度、壁紙の張り替えは1㎡あたり1,000~2,000円程度が相場です。
水回りのリフォームでユニットバスを交換する場合の費用は50万~100万円程度、トイレの便器の交換や内装の費用は20万~30万円程度が目安です。
また、物件をフルリノベーションするケースでは、間取りの変更や設備の交換などもおこなうと500万~900万円かかるでしょう。
フルリノベーションには、資産価値の維持や向上の効果も期待できます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

事故物件のリフォームをおこなうときの注意点

事故物件のリフォームをおこなうときには注意点があります。
悪臭や汚れがひどい物件は、リフォームを依頼する前に特殊清掃を済ませておきましょう。
事故物件の場合は、リフォームを断る業者も存在します。
トラブルを防ぐためにも、リフォーム業者には事故物件であることを事前に伝えておくことが大切です。
また、リフォームが始まってから欠陥が見つかった場合は追加費用がかかる可能性もあるため、現地調査をおこなって希望条件を明確に伝えておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

事故物件は、リフォームすることで買主の嫌悪感を払拭できる場合は、資産価値の低下をある程度防げる可能性があります。
リフォームの費用や注意点も把握しておき、リフォームをおこなった場合でも告知義務を怠らないようにしましょう。
私たち「KURASHI」では、多摩エリア、相模原で不動産売却のサポートをおこなっておりますので、売却に関してお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ