第一印象を良くしよう!居住中の家を高く売るための内覧時のコツをご紹介

2022-11-22

第一印象を良くしよう!居住中の家を高く売るための内覧時のコツをご紹介

居住中の家の売却は、内覧時の生活感によってスムーズに進まないことがあります。
家を高く売るためには、内覧までに部屋の印象を良くすることが大切です。
今回は居住中の家を高く売るための内覧時のコツとして、片付け、換気、照明の3点についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

居住中の家を高く売る内覧時のコツ①荷物の片付けをする

内覧までに、荷物は必要最低限になるように片付けてすっきりさせておきましょう。
荷物が少ないことで部屋が広く見えるため印象が良くなり、収納などの設備の確認も容易になります。
また、内覧時に片付けおくことで、売却後の引っ越し作業が楽になります。
不要なものは早めに処分するかリサイクルに出す、またはオークションに出品するのが良いでしょう。
内覧までに時間がなかったり、処分に迷う荷物があったりと片付けが難しい場合は、トランクルームに預けるのも1つの方法です。
部屋をよりキレイに見せるために、掃除も念入りにおこないましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

居住中の家を高く売る内覧時のコツ②換気を入念におこなう

見た目だけでなくにおいによっても印象は変わり、変なにおいがすると印象が悪くなってしまいます。
自宅のにおいは自分では気づきにくいため、しっかりと換気をおこない、におい対策を心がけましょう。
換気は内覧前だけでなく、定期的にすべての窓を開けることが大切です。
ペットを飼っている、喫煙者がいるなどの場合は、部屋の中に消臭芳香剤を置き、とくに念入りににおい対策をおこないましょう。
そのほかに注意したいのが、ゴミ箱からのにおいや、洗っていないシーツや枕からのにおいです。
ゴミ箱にはゴミ箱用の消臭剤を使い、シーツや枕は洗濯しておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

居住中の家を高く売る内覧時のコツ③照明を確認する

部屋は明るいほうが印象が良くなるので、照明の確認をしておきましょう。
内覧時には、すべての部屋の照明をつけることがポイントです。
印象が良くなることにくわえて家の細部の確認もできるため、売却後のトラブルを防げます。
照明でとくに注意したい場所が、浴室です。
浴室に窓がない場合は日中でも暗いため、照明の明るさを確認しておきましょう。
また、電球切れがあれば早めに交換しておくことで、内覧直前に慌てずに済みます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

内覧時の第一印象は、買い手の購買意欲に大きな影響を与えます。
見た目やにおいの対策をおこなうことで印象が良くなり、高値かつスムーズな売却が期待できるでしょう。
内覧は直前に予約が入ることもあるため、早めの対策が大切です。
相模原、多摩エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「KURASHI」にぜひご相談ください。
スピーディーに不動産を売りたい、管理に困っているなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ