孤独死があったマンションは売却できる?注意点もご紹介

2022-11-29

孤独死があったマンションは売却できる?注意点もご紹介

孤独死のあったマンションは、発見までの期間や室内の状況により、心理的瑕疵物件となる可能性があります。
心理的瑕疵物件は告知義務があり、売却方法にも工夫が必要です。
この記事では、孤独死がマンションの資産価値に与える影響や、孤独死のあったマンションの売却方法・注意点をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

売却前に知りたい!孤独死がマンションの資産価値に与える影響とは

孤独死があったマンションの資産価値は、10~20%ほど下がる可能性があります。
孤独死の発見までに時間がかかった場合は、20~30%の下落も珍しくありません。
孤独死は嫌悪感や恐怖感を抱かれやすいため、価値を下げないと買主が見つかりにくいといわれます。
ただし、資産価値の下落幅はマンションの立地や利便性で異なります。
人気の住宅地や駅近にあるマンションの資産価値は、それほど下がらないでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

孤独死があったマンションの資産価値の低下を防ぐには

孤独死が発生したマンションは、資産価値の低下を防ぐためにも特殊清掃をおこないましょう。
発見時の遺体の損傷具合によりにおいや汚れの程度は変わりますが、これらは通常の清掃では落とせません。
また、売却する際にはしばらく期間をあけて、地域住民からの評判や風評被害が落ち着いてから検討を始めるのが良いといえます。
地域住民の評判や噂の的にならない時期の方が、すぐに売却するよりも資産価値を下げすぎずに売却しやすい傾向にあるためです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

孤独死があったマンションを売却する際の注意点

孤独死のあったマンションは心理瑕疵物件には該当しませんが、発見までの期間や状況によっては心理的瑕疵物件とみなされることもあります。
孤独死があったマンションを売却する注意点として、告知義務が無制限でつくことが挙げられます。
告知義務がつくとなると売却できるか不安になる方もいるかもしれませんが、期間をあけるなど工夫することで近所の評判や風評被害を軽減しやすくなるでしょう。
また購入者側に孤独死があったと心理的瑕疵を感じさせないよう、特殊清掃や遺品整理は専門の業者に依頼するなどして、悪いイメージの払拭に努めるのも大切です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

孤独死があったマンションは、売却時の資産価値が下落率10~20%ほどになる可能性があります。
売却時の注意点として、告知義務が無制限でつくため必ず申告をしましょう。
売却するまでの期間をあけつつ、特殊清掃をおこない室内を綺麗にしておくと風評被害をいくらか軽減しやすいため、資産価値の低下を防ぐ効果も期待できますよ。
相模原、多摩エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「KURASHI」にぜひご相談ください。
スピーディーに不動産を売りたい、管理に困っているなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ