離婚による不動産売却で知っておきたい財産分与の方法と注意点とは?

2022-12-06

離婚による不動産売却で知っておきたい財産分与の方法と注意点とは?

離婚で不動産売却をするとき、財産分与はどのようになるのか気になることでしょう。
また財産分与の対象にならない財産もあるので注意が必要です。
この記事では相模原・多摩エリアで離婚に伴う不動産売却をご検討中の方に向けて、財産分与とは何か、また離婚で不動産売却する場合の財産分与の方法と注意点についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

離婚で不動産売却をする場合におこなう財産分与とは

財産分与とは、婚姻中に2人で築き上げた共有財産をそれぞれ分け合うことです。
また、財産分与の種類は以下の3つに分かれます。

  • 清算的財産分与:平等に分配
  • 扶養的財産分与:離婚によって生活が困窮するほうに生活保障の目的で分配
  • 慰謝料的財産分与:離婚の原因となったほうが慰謝料の目的で分配

財産分与と一般的に呼ばれるのは、精算的財産分与です。
婚姻中に築き上げた財産のすべてが財産分与の対象ですが、なかには財産分与の対象にならない特有財産もあります。
それは、婚姻前から所有している財産や婚姻中に相続や贈与によって得た財産です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

離婚で不動産売却する場合の財産分与の方法

財産分与の方法とその手順をご紹介します。

財産分与の方法

財産分与の方法には、現物で分割する方法・売却処分して代金を分割する方法・財産分与に相当する金銭を交付する方法の3種類があり、状況に応じて使い分けます。
不動産の場合は、売却しその代金を分割する方法、または家に住み続ける方が相手に財産分与に即した金額を渡す方法が用いられます。

財産分与の手順

不動産の財産分与の手順は下記のとおりです。

  • 名義の確認
  • 価値の確定
  • 分配方法の検討

財産分与は実際に売却した価格で分けるため、査定価格と異なる場合は2分の1ずつとなるように調整をおこないます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

離婚で不動産売却をする場合の財産分与における注意点

離婚で不動産売却をする場合、財産分与をおこなうときは2つの注意点があります。
まず1つ目の注意点は財産分与請求期間は離婚から2年間という点です。
2年を過ぎると財産分与の請求は不可能になり、さらに2年を過ぎて財産分与を受けた場合は贈与となる場合があります。
2つ目は離婚協議書を公正証書化することです。
公正証書化すると離婚協議書の証拠としての効力を高められるため、離婚後にトラブルとなった場合に備えられます。
不動産売却の際は、離婚後になるべく早く売却することと、オーバーローンの場合の売り方に気を付けましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

離婚の際は、財産分与によって2人で共有財産を分けることになります。
また離婚に伴う財産分与や不動産売却の際は気を付けたほうが良い注意点もあるので、トラブル回避のためにもぜひこの記事を参考にしてください。
相模原、多摩エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「KURASHI」にぜひご相談ください。
スピーディーに不動産を売りたい、管理に困っているなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ