スケルトン物件をそのままの状態で売却するメリットとは?デメリットも解説

2022-12-13

スケルトン物件をそのままの状態で売却するメリットとは?デメリットも解説

不動産には、床・壁・天井といった内装が施されていない「スケルトン物件」があります。
こうした物件の売却を考えている方のなかには、そのままでの売却に不安を覚えている方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、スケルトン物件をそのまま売却するメリット・デメリットと、そのままの売却に問題はないのかについて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

スケルトン物件をそのままの状態で売却するメリット

スケルトン物件をそのままの状態で売却すると、内装のリフォーム費用や工事期間が不要になる点がメリットです。
一般的なリフォーム費用として、一戸建てのスケルトン物件だと450~2,500万円程度、マンションの場合には300~1,200万円程度がかかります。
これにくわえてリフォーム工事の期間は平均で1~3か月にもおよびますが、そのまま売却すれば金銭的にも時間的にも無駄を省けます。
また、買主の希望に合わせて内装を作り込めるのも、スケルトン物件のメリットです。
買い手が見つかる前にリフォームしてしまうと、特定の買主にとっては使い勝手の悪い内装となりなかなか契約に結び付かないケースもあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

スケルトン物件をそのままの状態で売却するデメリット

スケルトン物件をそのままの状態で売却する方法は、購入後のリフォームを前提としています。
そのため、買主が負担する高額なリフォーム費用を考慮して、その分だけ売却価格を下げなくてはならないのがデメリットです。
スケルトン物件の場合は、一般的な物件より200万円程度価格が低くなると考えてください。
また、買主の希望どおりに自由なリフォームができる反面、購入後すぐに利用したい買主にとっては不自由と感じられる点もデメリットとなります。
リフォームには費用や時間がかかるためスケルトン物件を敬遠する買主も多く、スケルトン物件を求める買主は見つかりにくいのが一般的です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

スケルトン物件はそのまま売却しても問題はない?

内装がされていない建物の売却を制限する法律はないため、スケルトン物件をそのまま売ることにも何ら問題はありません。
法律的にも問題がないだけでなく、コスト面や契約条件の面においてもスケルトン物件をそのまま売却するほうが有利になるケースもあります。
リフォームにかかった金額の分だけの費用対効果が見込めず、売却の結果赤字になるケースが多いため、そのまま売却したほうがコスト面で有利です。
さらに、一般的に買い手候補は少数ですが、スケルトン物件に限定して物件を探す買主も一定数存在するため、有利な条件で契約を結べる場合もあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

スケルトン物件をそのままで売却すると、リフォーム費用や工事期間が不要になる点などがメリットです。
ただし、リフォーム費用分だけ価格を下げなくてはならない点などはデメリットとなります。
スケルトン物件をそのまま売却することは法的にも問題はありませんので、有利に売却できる方法を考えてみましょう。
相模原、多摩エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「KURASHI」にぜひご相談ください。
スピーディーに不動産を売りたい、管理に困っているなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ