一戸建ては売る?貸す?どっちがおすすめ?メリットやデメリットを紹介

2023-01-24

一戸建ては売る?貸す?どっちがおすすめ?メリットやデメリットを紹介

住まなくなった一戸建ては、売るのと貸すのではどっちが良いのでしょうか。
ここでは、一戸建てを売るのと貸すのではどっちが良いのか、それぞれのメリット・デメリットや収支シミュレーションを交えてご紹介します。
一戸建ての売却か賃貸かでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

一戸建ては「売る・貸す」どっちがおすすめ?

どっちが良いかは所有者の意向により異なります。
基本的に築年数が経過すると不動産の価値は下がるため、まとまったお金がほしい場合は売却するほうが良いといえるでしょう。
また、維持管理の手間を掛けられない方や省きたい方も売却のほうがおすすめといえます。
一方で、長年住んでいた思い入れがある家を手放したくないという方には、賃貸物件として貸すことをおすすめします。
ただし、賃貸需要が高い地域でないと借主が見つからない可能性もあるためよく検討しましょう。
地価が上がりやすい立地条件の一戸建ての場合、家賃収入を得ながら地価が上がったタイミングで売却するという選択肢もあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

一戸建てを「売る・貸す」それぞれのメリット

一戸建てを売る場合、売却代金としてまとまったお金が入るという点がメリットといえるでしょう。
売却する不動産の築年数が浅ければ浅いほど、高値で売れる可能性が高いです。
また不動産を売却できれば維持管理費用や手間がかからず、固定資産税を支払う必要がなくなります。
ただし、ローンの残債を全部返済できなければ売却できないため注意しましょう。
一戸建てを貸すメリットは、思い入れのある家を手放さなくて良い点です。
さらに借主が見つかれば、月々安定した家賃収入を得ることができます。
しかし貸すと修繕義務が生じるため、不具合があったら修繕しなければならない点がデメリットです。
家の維持管理費用や管理会社への手数料がかかり、固定資産税などの税金も支払わなければなりません。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

一戸建ては「売る・貸す」収支シミュレーション

売る場合、一般的に売却に要する費用は売却額の3.5%程度とされているため、売却額が3,500万円の場合、売却に要する費用は122.5万円です。
また、売却でかかる譲渡所得税は条件を満たせば3,000万円特別控除の対象となります。
一方で貸す場合、一般的に費用の経費率は家賃収入に対して15%~30%程度のため、家賃が10万円であれば月のコストは1.5万円~3万円となります。
上記のような収支シミュレーションをして、どっちが良いのか判断するのもおすすめです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

一戸建てを売るか貸すかはそれぞれメリット・デメリットがあり、所有者の意向によりどっちがおすすめかは異なります。
実際には、具体的に収支シミュレーションをして検討することをおすすめします。
相模原、多摩エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「KURASHI」にぜひご相談ください。
スピーディーに不動産を売りたい、管理に困っているなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-3527-9674

営業時間
9:30~18:30
定休日
土曜、日曜

高齢者

エリア情報

不動産売却

不動産買取

売却査定

お問い合わせ